アプリでの外国語学習について

国際高等教育院付属国際学術言語教育センターの課外教育部門では、皆さんの自発的な言語学習を応援しています。
今年の重点項目は、Speakingです。自分で話すという能動的な行為は、多くの日本人が苦手とするところです。しかし、外国人と話すると、文法などよく知らなくてもペラペラ話している人をよく見かけます。とかく正確な言語の使用にこだわるあまり、「相手に自分の気持ちや意見を伝える」という言語の本来の意義が忘れ去られているのが、日本だともいえるでしょう。試験・成績のためだけの外国語教育になり下がっています。だからこそ、成績も気にせずに、自分で選択して自由に学習できる課外教育で、外国語を対面で話せるようになっていただきたいのです。その意味で英語を話すことの敷居を低くするために、今年度初めて日本製のSpeak Buddyをラインナップに加えました。まずは会話パターンをマスターして、話すること自体を楽にしたいと考えたからです。今年の後期に200名余の留学生が本格的に戻ってくれば、その成果を実践的に試すことができるでしょう。

2020年早春のパイロットプロジェクトを契機に2020年度から正式採用した外国語学習アプリは、AIを使ったものなので、対面で話すのが苦手な京大生にぴったりだと思いました。また、本業に忙しい京大生が、隙間時間で学べる機会を提供できます。今では多くの学生から高い評価を受け、検定のスコアアップなど実際にその成果も学生から報告されています。

もちろん、提供したアプリは最初から満足のいくものではありませんでした。BUSSUは、初年度には「英語の文法レベルが低すぎる」「京大生には易しすぎる」一方、初修外国語は「いきなり音声や知らない表現が出て来て、難しすぎる」と非難轟々でした。皆さん、文法中心の教育を受けてきたのですから、無理もありません。また、日本人利用者が少なかったせいか、日本語の誤記も多数見受けられました。そうした京大生のフィードバックを本社に丸ごと伝え、地道な交渉の末、英語ではC1レベルが加えられ、カリキュラムも多くの言語で刷新され、4技能を音声付きで学べる安定した学習コンテンツに進化しています。ELSAも、もともと音声認識AIを開発するベンチャー企業でしたが、わずか数年の間に米国諸大学やIELTS実施機関などと提携契約を積極的に行い、全体が見渡しきれないほど豊かなコンテンツを擁する英語発音矯正アプリの第一人者となりました。

言語は、まず聞き覚えで特定のシチュエーションへの定番リアクションを覚えることで、会話をスムーズに進められるようになります。そこから難解なテーマを話し合える社会的信頼感を築くことができます。ところが、京大生の中には、挨拶も相打ちもうまくできないのに、受験英語で暗記した語彙、培った文法や作文力を駆使して、実際には言わないような文語的で難解な表現を使い、一方的な話し方をする人がいます。しかも、発音も不正確なことが多く、結果、自分の言っていることが通じない!そこで全く自信を失うか、相手は自分の思考についていけない馬鹿な奴だと誤解するか、どちらかになってしまいます。こんな不幸な外国語の使い方から抜け出すには、書籍重視の古典的言語学習から離れるしかありません。

日本の外国語教育の一番の弱点は、音声を一緒に教えないことであり、実際に話せるようになる教え方をしていないことだと考えます。授業でのIT教材の使用も遅れています。外国語学習アプリでは、例文に必ず音声がついているので、自然に正しい発音を身に着けながら実生活での言葉の使い方や決まり文句のフレーズを、正しい発音や抑揚を、また多言語の4技能を実践的に学習できます。

学内では、初修外国語履修の廃止と英語学習への集中を求める声が大きくなりつつあります(高校で初修外国語を教える場合のみ賛同)。国際機関や欧州の企業では、キャリア組に博士号を求め、英語の他に2つくらい外国語を仕事に使えることを当然のように要求していることを考えれば、全く逆行する動きです。13か国語が学べるBUSUUを導入した背景には、こうした貧しいガラパゴス議論に風穴を開け、外国語を使えることの意義を改めて学生の皆さんに認識していただきたいという願いが込められています。

1つの言語には1つの世界があります。安全保障上、日本を強制的に離れねばならないシナリオも現実味を帯びてきました。
あなたは、いくつの世界観をもって生きていけますか、生きていきたいですか?

外国語学習アプリの有料化について

i-ARRC課外教育部門は、これまで言語学習アプリを無料で提供してまいりましたが、無料であるために安易に学習をやめてしまう学生が後を絶たず、また一方で本気で学習したいのに繰り返し抽選に漏れる学生も多数おりました。限られた財源をより有効により多くの学生の恩恵となるよう使用するために、今年度よりアプリを有料化することに致しました。とはいえ、負担が大きくなりすぎないよう、業者の協力を得、また課外教育部門が補助金を出して、京大特別価格で希望する学生の皆さんに提供いたします。 

その代わり、2週間以内の返金制度は適用されません。よって、申込に際しては、各アプリで利用できる1週間のお試し期間を活用して、自分に合ったアプリであることを確認してから払い込んでください。払い込み後のキャンセルはできません。 

1

アプリ

特徴

価格

(支払いより6か月分)

申込方法

販売期間

詳細

1

BUSUUロゴ

Premium Plus

1

13か国語の4技能が自由な組み合わせで学べる。世界の学生と安全に相互添削できる。

1

3,630

仮予約サイト  (キャンセル可):

https://forms.gle/i3xZqAf4i218BbiYA

受付けは終了しました

5月10日

5月13日

登録用ハンドブックBusuu - JA self-paced courses and group live lessons - Handbook.pdf

1

ELSAロゴ

ELSA Pro

1

英語発音・抑揚の強制、IELTS受験Speaking講座もあり

1

1,300

ELSA支払い用京大専用サイト:

https://elsaspeak.com/inf/KyotoUniversity/

help desk (登録で困ったら)
support@elsanow.io

421

510

 

支払い用ガイドライン:

日本語

英語

1

Speak Buddyロゴ 

1

英語で会話することに慣れる。会話の応用作文もできる。

1

5,000

1

生協吉田南ショップ店頭で購入可

412

630

 

授業料(一部)免除者を中心とする生活困窮学生には、無料でアプリを利用できる枠を残しました。 

こちらのGoogle Formから、困窮を証明できる資料を添付してお申し込みください。この試みは、学内でも例がないかもしれませんが、経済・教育格差の緩和に一役買えれば幸いです。 
なお、新入生への無料アプリ提供については、授業料免除承認が夏にならないと出ないため、申し訳ないですが、10月からの申し込みになります。BUSUUやELSAでは、機能はかなり制限されますが無料の簡易版がありますので、秋までそちらをご利用ください(災害等特別な事情のある方は、4月から応募できます)。 

 

学会やプレゼンを目前にした院生だけでなく、短期留学・交換留学を計画中の学部生、就活生の皆さんにも、活用をお勧めします。 

BUSUU

あなたは、留学して同室の人と家事分担するときにまず必要なネイティブな表現、「家事をする」「部屋をかたづける」「掃除する」「(食器など)洗い物をする」「洗濯をする」を全部英語で言えますか?これらは文法的に易しいから学ぶ必要はないのでしょうか?

BUSUUは、BBC、Google、Appleなどが絶賛する世界最大の外国語学習アプリで、英語、仏語、独語、伊語、西語、露語、中国語、ポルトガル語、オランダ語、アラビア語、ポーランド語、トルコ語、日本語の13か国語を自由に学習できます(2022年夏には、朝鮮語も利用できるようになります)。

英語は、ドラマ仕立やドキュメンタリーなど動画教材やEconomistの内容把握タスクコースなどC1レベルまで、その他の言語もB2まで学べます。同じBUSUU学習者と気軽に相互添削できるコミュニケーション機能も京大生に好評です。使える言語として、音声を意識した4技能を身につけたい方にお勧めします。

【BUSUUはこんな方にお勧めです】

ーある程度、英語・外国語には親和性があり、いろいろな言葉を話せるようになりたい。

ー文法はしっかりしているのに、音声を学んだことが比較的少ない。

ー初修外国語も話せるようになりたい。

ー異文化を知り、積極的な国際コミュニケーションでさらにその知識を広げたい。

ー学術言語だけでなく、(京大生が苦手な)日常会話も身に着け、留学後のカルチャーショックを緩和したい。

ー聞いて、見て理解する教材を生かして、内容把握を文字無しでもできるようになりたい。

詳細は下記ロゴをクリックしてご覧ください。

BUSUUミニバナー.jpg

公式ホームページ https://www.busuu.com

ELSA

あなたは、受験英語で覚えた難しい語彙のうちいくつを、自信をもって発音できますか?

英語発音矯正アプリELSAは、AIが学習者の発話を音ごとに分解し、母音・子音の発音・流暢さ・アクセント・イントネーションを評価。誤りを明確に指摘するので、間違えた音を個別に繰り返し練習できます。また、会話文の練習もあり、文の流れの中での抑揚も改善できます。AIの音声認識精度は、本学学生のお墨付き。ペンシルバニア大学の就活・起業講座やIELTS受験対策講座もあります。初心者から上級者まで誰でもスキル向上できるプログラムの幅広さが特色です。

【ELSAは、こんな方にお勧めです】

ー英語の発音にコンプレックスがある。

ー英語が聞き取れず、聞き返す自信もないので、まず聞き取れるようになりたい。

ーある程度話せるが、どこか日本語英語になっていて、不自然さが残る。

ー発音をもっと磨いて、自信をもって学会でポスターセッションやプレゼンに望みたい。

【Award Program】

ELSAでは、3か月ごとに集計して、同期間に10時間以上学習した学生、成績のアップ度が非常に高かった学生、獲得平均成績がトップの学生それぞれ数名に、Certificateと賞品としてELSA Pro とは別料金のOxford Business Resultの1レベルコース永久受給権を授与しています。

詳細は下記ロゴをクリックしてご覧ください。

ELSAミニバナー.jpg

公式ホームページ:https://elsaspeak.com/ja/

Speak Buddy

Hi, how are you?と話しかけられて、一瞬フリーズしたことはありませんか?答えは知っているけど、とっさに言葉が口から出てこない!多くの1年生がネイティブの先生のW&L授業で経験することです。

Speak Buddyは、昨年秋にパイロットプロジェクトで学生に使用してもらって好評であった新しい日本のSpeakingアプリです。特に今まであまり英語を話したことのない方、決まり文句すら自然に出てこず、会話がぎこちない方など、どちらかというと英語を話すことに慣れていない初心者向けです。とはいえ、コンテンツレベルは決して低いわけではありませんので、内容的に飽きることなく学習を続けられます。また、毎月テーマが入れ替わるコーナーでは、辞書にまだ乗っていない旬の語彙を身に着けることができます。また、日本文化を紹介するコーナーもあって、ここで学んだ語彙は、外国人に日本を紹介する際に役立ちます。これらをチェックしておけば、秋には200名の交換留学生がやってきても、彼らとの会話で、話題選びにも語彙にも困りません。とにかくとっさのリアクションや、英語を口に出す癖をつけるためのアプリです。

【Speak Buddyは、こんな方にお勧めです】

ー英語を話し言葉として使った経験がほとんどない。

ー対面のコミュニケーションが苦手で、日本語でもあまり発言しない。

ー特定のシチュエーションで、何をどういったらいいのかわからない。

ー外国人と出会っても、何を話したらいいのかわからない。

詳細は下記ロゴをクリックしてご覧ください。

SpeakBuddyバナー

公式ホームページ:https://app.speakbuddy.me/

英語学習に役立つ書籍案内

Portal Oxford Boolmorms Bunner.jpg      Potal問題集一覧.jpg

  C-EKHL-C-2.png  ILAS文字のみ.png   ポータル用OWL情報サイトバナー2109-.jpg   OWLポイントサイトバナー.png   ネコと図書館名のロゴ.jpg