初修言語部門について

 京都大学では、英語以外の言語(外国語)を、初修言語(外国語)と呼んでいます。初修言語として提供されているのは、ドイツ語フランス語中国語スペイン語ロシア語イタリア語朝鮮語アラビア語の8つです。これらの言語担当者のうち、次の者がi-ARRC初修言語部門に所属し、教材作成やFD活動の推進に携わっています。

氏名 職名 担当言語
塚原 信行 教授(部門長) スペイン語
劉 愛群 特定准教授 中国語
Zeilhofer, Luisa Lorena Franzine 特定講師 ドイツ語
Graziani, Jean-François René 特定講師 フランス語

初修言語(外国語)コース共通の目的および各言語コースの目的について(教育院サイト)

なぜ初修言語(外国語)を学ぶのか(教育院サイト)

初修言語部門に関するお問い合わせ

初修言語お問い合わせ